借入についての支払内容は、会社の方針に応じて相違がありまして様々なメソッドがとられています。基本的なところでは残高スライド法やリボルディング払い法が多いようです。こういった誰でも知ってるリボでも、本当を言えば勘定方式には多様な方式があったりします。またしかような形式によって支払い金額が違ってしまいますから、心得ておいて損することはないでしょう。しからばやさしくこの2つの様式の差異を説明しましょう。一つは元金均等払いで二つめは元利均等払いです。これらはそう呼ばれているように元金についてを一様にして返済していくというのと、元本と利子に関して一緒にして均一に払っていく方式です。このケースではたとえば10万円カードキャッシングしたというふうに実際問題としていかような算定をするのかみてみます。利率については双方とも15%と仮定し計算します。それとリボルディングについての支払いは1万円と仮定して試算します。ともかく元金均等払いからいきましょう。かかる時の1回目の返済は1万円へ利率分の1250円を加えた返済額となります。その次の返済に関しては1万円に利子分の1125円を足した金額へとなります。このようにして全部で10回にて引き落しを終えると言う形式です。これに対して元利均等払いは初回の引き落しについては1万円でそこから元金に8750円、利子に1250円と言う具合で割り振るのです。2回目の返済については元金が8750円に減少した状態にて利率を算出し1万円を更にまた割り振ります。要するに元利均等払いの事例では10回で引き落しが完済しない計算になります。たったこれだけのずれで二者がどのように相異なっているのかご理解頂けたでしょう。元利均等とは元金均等に比べ、明白にもと金が減少するのが緩やかというような難点というのがあるのです。要するに金利というものを余分に払うという状態になったりするのです。一方で、はじめの返済が少額で済んでしまったという強みというものもあるのです。このような支払方法に関してのずれによって、返済合計額は相異なってきますので自分の計画に合致した方法をするようにしていきましょう。